ムサシ村> マジェスティ> メンテナンスノート> 駆動系メンテ

駆動系メンテ!

2008/3/30

 タイヤも新品、エンジンも腰上OHを済ませ、快適にシゴトに向かっていたところ 突然変速タイミングが高回転で行われるようになり、出足がすごくイイ!でも、最高速が 70Km/hくらいしか出なくなりました。振動もすごい。
 そいうえばベルトもしばらく交換していないし、駆動系をメンテすることにしました。 で、外してみてビックリ。その状態はかなりのものでした。
いつものように
●電動インパクトドライバーで
 プーリーを押さえる工具は持っていないので電動インパクトでガガガッと外してしまいます。


なにこれっ!
●プーリー破壊されてる!
 写真では見づらいですが、プーリーを開けてみてビックリ!スライダーは粉々、プライマリーシーブは ウェイトローラーのガイド部分が2箇所も折れてる!




変形カム
 カムもスライダーを支持する箇所はめくれてなくなっちゃってる。


もう使えない
●とほほ
 何が一番驚いたかといえば、こんな状態で普通に発進して、普通に変速して、普通に走ってたことでしょうか。 マジェはゾンビですか?最近あまりスピードだしてなかったから気が付かなかった??
 もうこうなるとプーリー周りは交換だぁ。。まぁ10万km走ったし、いいとするか。


削れてる
●どうせなのでクラッチも点検
 クラッチなんてそうそう減るもんじゃないので、ほったらかしにしていましたが。 なんか台座まで削れていました(笑)クラッチは以前そんなに使い切っていないにもかかわらず 交換してしまったものが、まだとってあったのでそれをもう一度取り付けることに。


ローター
●ではクラッチ分解ワザ講座です(笑)
 アウターローターはいつものようにインパクトで。









セカンダリシーブははずれましたが
 この後クラッチをばらすには、真ん中の大きなナットを緩めなければいけません。でもこんな大きな レンチ持ってない。


チカラわざ
●そこでパイプレンチ登場!
 このようにパイプレンチでナットをつかみ。









うぉりゃぁーっ!
 パイプレンチではなくクラッチを持って、上から大きく振りかぶり、地面にレンチをたたきつけること数回。


簡単
●外れました
 センタースプリングの勢いで怪我をしないように、押さえながらまわして外します。 ナットはキズが付きますが、気にしません。




トルクカム
 トルクカムもグリスアップしておきます。


取り付け
●クラッチを取り替えたら
 今度はセンタースプリングにテンションをかけながらナットを取り付けます。結構力が要るので 足で踏んで完全に体重をかけて。




逆でセットアップ
 パイプレンチは今度は逆に取り付けて、やっぱり地面にたたきつけて終わり。


新品!
●ドライブベルト
 KN企画の激安ドライブベルト。3800円。









はめます
 セカンダリシーブを両手で上に引っ張って広げて、その隙にサッとベルトをつま先で入れ込みます。


ラスト
●とりつけ
 あとは、丸ごと新品のプライマリシーブを組み立てて、取り付けます。新品なのでカムのギヤと クランクシャフトのスプラインが硬くて入らない!ソケットのコマとハンマーで叩き込んで、おしまい〜♪


近所1周インプレッション

ウルトラスムーズ!
 すごい!新車のようなスムーズさです!って新車の状態を知りませんが。ガタピシの状態に 慣れちゃってるせいか、かえって怖いです。しばらくはベルトの慣らしをしなくちゃならないので 全開にはできません。ちょっとウキウキです。(^_^)
 まぁ1.5万ほど出費してるので、変わってくれなきゃ困っちゃいますが。
−

↑PageTop