ムサシ村> マジェスティ> マジェスティで北海道へ> 5日目「うにが待っている!」

マジェスティ北海道 5日目「うにが待っている!」

2002/6/17(月)
 昨日は8時に寝たので4時30分に目が覚めた。しかし、「ポツポツポツ・・・」 という音が。あぁ雨だぁ(泣)NHKニュースと天気予報を聴くと宗谷地方はまぁまぁの 天気だ。そう、今日はついに!あの稚内の「うにどん」を食べに行くのである! とはいえここからは270kmくらいある。でも3〜4時間くらいで着くはずなので 昼に間に合うように早起きしたのだ。雨もなんのその、そそくさと支度をし、 水道で頭も洗い(つべたーい)出発時には雨も小雨になった。幸先がいいぞ! 他の人たちに見送られながら「お先に〜」いざ出発!
いやしかし寒い。今日はダウンジャケットなしでカッパのみでスタートしたが、すぐに K.O。すぐさまダウンを着込んで、その上からカッパ。うーん、きついけど暖かい! そんなこんなで、相変わらず100km/h近い流れのまま、約4時間。途中、宗谷岬で 記念写真を撮り、給油も。最北端給油証明書をもらい、うれしがる。 そしてお昼ちょうどに、うにどん屋に到着!ほかにライダーは誰もいなかったが 見覚えのあるおばちゃんがいた!このまえと同じだ!早速「生うに丼」を注文した。 値段もはるが、量も相変わらずすごい。「そうそうこれこれ」と思い出しながら ペロリとたいらげてしまった。あ〜うまかった!ライダーにはバンダナのプレゼントがあるらしく 黄色いのをもらい、「のし」に一筆書いて「ごちそうさまー」おばちゃんと世間話をし、そしたら なんと、unidon.netというホームページも作ったらしい! おばちゃんに見送られて「またくるねー」
さて、最大の目的も果たし、あとは今日の宿を捜さねば。稚内から下がってくるルートを 地図を見ても、見学したいような場所もないので、今日は日が暮れるまで走ることにしよう。 日が暮れたところが寝場所だ。というわけで、稚内から200kmも走り、ついたところが、 士別というところの「つくも水郷公園キャンプ場」。総合スポーツ施設のようで、これまた きれい。先客が一人、あとはきそうに無いな。ただ白鳥もいっぱいいるようで、「わた」が いっぱいフワフワしてるのがたまに傷。だけど今夜は晴れそうだ。ローソン弁当を食べながら 明日のルートを検討することにしよう。
しかしマジェくんは今日だけで3回も給油してしまった。そして相変わらず加速が悪い。 少々ノッキングぎみか?低速側のギヤ比まで落ちてないようだ。でもそのおかげもあってか、燃費は ブンブンとばしてリッター40km。良すぎる。バケモンだ。まぁツーリング中はこれでもいいか。 やっぱりどこかおかしそうなので帰ったらまた見てみなきゃ。



これぞ無敵の生うに丼!。マジおすすめ。 日本最北端の宗谷岬に到着!その近所のスタンドで給油したら日本最北端給油証明書をもらいました。 途中で荷物を取り出そうとゴムネットを外したらマフラーにくっついて溶けちゃった。中は数本の ゴムが何層にもなっていて「へぇ〜、こうなってるんだ」。
今夜は『つくも水郷公園キャンプ場』にしました。 雪のように見える白いものは、白鳥の毛というか『わた?』。ふわふわしています。

[ ● 6日目「まっかり村へいかなきゃ!」 ● ]
−

↑PageTop