ムサシ村> マジェスティ> マジェスティで北海道へ> 2日目「苫小牧へ到着!」

マジェスティ北海道 2日目「苫小牧へ到着!」

2002/6/14(金)
 これまた定刻どうりに苫小牧に翌日の13時15分に到着。 天気は曇り。まぁ雨じゃなきゃいいや。「絶対に寒いはず」と見越して レインウェアを着込んで下船。空気が「キーン」と冷え込んでいる。 マジェスティ、ついに北海道上陸! とりあえずコンビニからカミさんに一報を入れるがつながらず。 昼食のおにぎりとお茶を買い込みいざ出発!
うーん、うわさには聞いていたが流れが速い。80km/hで走っていても かなりの速度差で抜いていかれる。こりゃ、地元勢が飛ばしているところは 流れに乗ったほうが安全だわ。しかしこれだけ速いと風でレーダー探知器の 音なんて聞こえやしない。なにか対策をしないとやばい。し、しかし「寒い、 とんでもなく寒い」路肩に寄りダウンジャケットの登場である。出発前は 「ちょっとオーバーかな?」と思ったが全然正解。これなきゃ走れない! ジャケットも着込んで数キロはしると前方に「ホクレン」のガソリンスタンド を発見!ここで給油すると北海道ツアラーの憧れの旗がもらえるはずなのだ。 大して減ってはいなかったが、早速立ち寄ってみる。リッター101円と 少々高いが、なんのなんの。お金をはらい、お釣をもらい、「ありがとうございました〜」 へ?くれないの?・・・催促するのもかっこわるいので、そそくさと退散。 チクショー(泣)
しかし走っても走っても目的地は遠い。どうも北海道の地図は距離感が つかみにくい。「なんだすぐ近くジャン」と思っても50kmくらいあったりする。 そしてようやく本日の宿「様似ダムキャンプ場」に到着。非常に広くきれいな キャンプ場だが、誰もいない。さみしい・・・。これを書いている今は真っ暗である。 そろそろ寝よう。



大洗から苫小牧へ向かうカーフェリー「ぱるな」のラウンジで。 ありがとう、ぱるな。 北海道はさすがに寒い!ダウンジャケットの登場です。本当は「着ることはないだろう」と思っていました。
初日の寝床、様似ダムキャンプ場。たった一人しかいなくて、さみしー! キャンプ場へは、右側の橋を渡って。橋を使わなくても 小川をバシャバシャと走って渡ることもできます。

[ ● 3日目「足寄へ行かなきゃ!」 ● ]
−

↑PageTop